スロートレーニングで行うクランチの筋トレ方法です。クランチは、仰向けになり膝を立てて、手を頭の横に添えます。この体勢から肩甲骨を浮かして、上体を丸めこむようにして起こすことで腹筋上部をメインに鍛えることができます。


スポンサーリンク
スロートレーニング(スロトレ)一覧

鍛えられる筋肉

第1ターゲット ・・・ 腹筋上部
第2ターゲット ・・・ 腹筋下部

概要

スロトレで行うクランチは、腹部の収縮に3秒ずつかけ、ゆっくり行うことで、腹直筋(腹筋上部)を鍛えることができるトレーニングです。

腹筋の強化・引き締め、お腹周りのスタイルアップやシックスパックを目指す場合に有効なトレーニングです。
ストレートレッグレイズとメニューを組み合わせることで、より洗練された腹筋を目指すことができます。

下したとき、背中を完全に床に付けてしまわず、背中の上部(肩甲骨またはその周辺)が床に触れたら起き上がるようにしましょう。腹筋に休みを与えないことが大切です。

実践方法

  1. 仰向けになり、膝を90度に曲げ、手を頭の後ろに添える。
  2. 背骨を一つずつ床から離すイメージでゆっくりと上体を起こしていく。(腰は浮かさない!)
  3. 腹筋が十分に収縮するまで起こしたら、ゆっくりと下していく。
  4. 肩甲骨が床に触れたら(2)の動作に移る。

以降、(2)~(4)を所定の回数繰り返す。

目標回数

10~12回×2~3セット

こちらの記事もどうぞ