スロートレーニングで行うニートゥーチェストの筋トレ方法です。ニートゥーチェストは、仰向けで肘を付いて上体を少し立てた状態から膝を胸に引き付けるようにして動作することで腹筋の下部(下腹)を鍛えることができます。


スポンサーリンク
スロートレーニング(スロトレ)一覧

鍛えられる筋肉

第1ターゲット ・・・ 腹筋下部 腸腰筋
※腸腰筋=腸骨筋、大腰筋、小腰筋から構成される腹部の深い位置にある筋肉・インナーマッスルの一つ。

概要

スロトレで行うニートゥーチェストは、脚を近づける動作と脚を伸ばす動作に3秒ずつかけ、ゆっくり行うことで、腹直筋(腹筋下部・下腹)と腸腰筋を鍛えることができるトレーニングです。

腹筋の強化・引き締め、お腹周りのスタイルアップ、ぽっこりお腹の解消に有効なトレーニングです。

足を伸ばした時に脚を下ろして休まないように注意しましょう。
常に床から上げた状態で動作するようにします。

実践方法

  1. 体の横に手を付き、上体を起こして脚を伸ばす。
  2. ゆっくりと膝を上体側に引きつけ、同時に上体を脚に近づけていく。
  3. しっかり引きつけたら、1秒静止する。(実演の4カウント目の時が1秒静止)
  4. ゆっくりと脚を伸ばし、同時に上体を倒す。脚が床に付く直前で(2)の動作に移る。

以降、(2)~(4)を所定の回数繰り返す。

目標回数

10~12回×2~3セット

こちらの記事もどうぞ