腕トレーニング種目 | 動画で方法を学ぼう筋トレTV
スポンサーリンク

腕トレーニング種目

ダンベルで上腕二頭筋(力こぶ)を鍛えるメリットとその方法

ダンベルカールの方法

上腕二頭筋(力こぶ)を鍛えるための種目やメニューにはいろいろな種類・方法があります。その中でもダンベルを使った方法は自由度が高いため、上腕二頭筋を鍛える筋トレとして多くの人が取り入れています。では、ダンベルトレーニングにはどのようなメリットがあるのか、どのような点に注意してトレーニングすればいいのかお話ししたいと思います。

EZバーを使った筋トレメニューを取り入れて安全・効果的に上腕二頭筋を鍛えよう

EZバーカール

無数にある筋トレ手法の一つとしてEZバーを使って上腕二頭筋(力こぶ)を鍛える方法がありますが、ここではEZバーを取り入れた筋トレメニューの利点と力こぶを鍛えるカール動作における注意点、そして種目例を実演・解説します。筋トレがマンネリ化してきた方、プラトー(停滞)状態に陥っている方など、変化を付けるためのバリエーションとして活用してみてはいかがでしょうか。

上腕二頭筋をピンポイントで鍛える「バーベルカール」の正しい方法

バーベルカールの正しい方法

上腕二頭筋、いわゆる力こぶを強く、大きくしたいと思って筋トレをしているけど、なかなか変化しない、続けていくうちに肘が痛くなるといったことが往々にして起こります。それは何故なのか?方法が間違っているのか?バーベルカールの正しいやり方を通じて、そのメカニズムを掘り下げます。

簡単・安全・効果的に握力を強く、アップさせる方法

握力を強くする方法

握力を鍛える方法にはいろいろありますが、今回は簡単であり、安全であり、かつ効果的な3拍子揃った「ぶら下がりに」よる握力の鍛え方法をご紹介します。その他、ダンベルを使った方法もご紹介していますので、ぶら下がりと組み合わせたり、体力合わせて使い分けることができます。

腕立て伏せができない人のためのステップアップトレーニング。二の腕をシュッとしたい女性や体力アップの導入などにおすすめ

腕立て伏せステップアップトレーニング

腕立て伏せがボディメイクに効果的なことは分かっているけど、女性や体力が低い人にとっては、きつくてうまく反復できない・・・、筋トレが続かない・・・、といったことがよくあります。そこで、本講座では強度が低い方法から段階的に進めることで、腕立て伏せの効果を得ながらもボディメイクしていく方法をご紹介します。

リストカールで手首を強化する

リストカールは、「手のひらを上にした状態でベンチに腕を乗せ、ダンベルを巻き上げるようにして手首を上下させる」動作により尺側手根屈筋(前腕屈筋群)・橈側手根屈筋(前腕屈筋群)・長掌筋の・・・

ウルナ・フレクションで手首を強化する

ウルナ・フレクションは、「片手でダンベルの先端を持ち、逆の先端を後方に引き上げる」動作により前腕部の尺側手根屈筋(前腕屈筋群)・尺側手根伸筋(前腕伸筋群)の強化を目指す腕トレーニングです。

ページの先頭へ