「森部昌広」の記事一覧 | 動画で方法を学ぼう筋トレTV
スポンサーリンク

「森部昌広」の記事一覧(2 / 3ページ)

スポーツなどの試合・大会で緊張する。どうすればリラックスできる?考え方と方法を解説

緊張緩和・リラックス法

スポーツの試合や大会では緊張はつきものです。しかし、緊張ばかりしていては試合で実力を発揮し、よいパフォーマンスを出し切ることは難しくなるのもたしかです。そこで、実力を出し切るために、どのようにしたら緊張を緩和できるのか、集中力を発揮できるのか、詳しく解説したいと思います。

肩甲骨の可動域・可動性改善における効果および筋トレの方法

肩甲骨の可動域改善トレーニング

肩甲骨の可動域、そして可動性を高めることによって得られる効果および運動方法について説明したいと思います。特にスポーツをしている人は肩甲骨の動きを改善させることでパフォーマンスのアップに大きく貢献します。ぜひ、理論とトレーニング方法を習得して試合で活かしていきましょう。

筋トレによるO脚・X脚の改善アプローチ。美しい脚を作る方法とは?

O脚・X脚の改善アプローチ

O脚やX脚に悩んでいる方々が多くいます。でも、どのように改善すればいいのか分からないと言った声があると同時に施術しても一時的には改善しても徐々に元に戻ってしまうという声も聞かれます。O脚やX脚は骨格のバランスに影響して姿勢の崩れ、猫背などの原因にもなってしまいます。そこで、今回は本来持つ骨格を取り戻し、美しい脚を作る方法を筋トレを用いて検討していきたいと思います。

女性と筋トレ ~負荷の考え方とトレーニングメニューについて~

女性と筋トレ

筋トレを始めたいけどどのようにやればいいのか分からないといったことがよく聞かれます。特に女性の方ではどのような種目をどのくらいの重さでやればいいのか分からず書籍や聞いた話に頼って正しいかどうか分からないまま始める方も少なくありません。そこで、今回は女性が筋トレを開始して、効果を上げるために知っておきたいポイントをお話ししたいと思います。

強靭な腹筋&体幹をつくる「ドラゴンフラッグ」。誰でもできるステップアップトレーニング

筋トレや格闘技をやっている人は、一度はブルース・リーのような体になりたいと思ったことがある人もいるのではないでしょうか。特に腹筋や背筋は目を見張るものがありました。そんなブルース・リーの腹筋・体幹部を作った筋トレのひとつがドラゴンフラッグ。独特なフォームが印象的で一見できそうにないと躊躇してしまいそうになるアクロバティックな種目です。

女性にとっての筋トレの必要性。スタイルをよくしたい、細く引き締めたい、でもムキムキにならないのだろうか?

女性と筋トレ

女性が筋トレをする上で不安に思っていることの一つが、「ムキムキになってしまうのではないか」と言った過剰な身体変化に関することです。その不安により、筋トレを取り入れることに抵抗がある人も少なくないわけですが、今回はその不安を取り除くとともに筋トレの必要性、メリットについてお話ししたいと思います。

【高齢者向け運動】自宅でできる立って行う転倒予防トレーニング

立って行う転倒予防トレーニング

椅子に座って行う転倒予防の運動に続いて、立位で行うトレーニングをご紹介します。足腰を強化することで転倒を予防すると同時に、怪我をしない体、強い体、活力みなぎる体、そして若々しい体を作ることができます。筋トレは本来の自分を取り戻し、新しい自分になることができる非常に有意義な運動習慣です。健康寿命を延ばすためにも、ぜひ筋トレを取り入れてみて下さい。

【高齢者向け運動】自宅でできる椅子に座って行う転倒予防トレーニング

高齢者向け・転倒予防トレーニング

一定の年齢を過ぎると筋力の低下、筋肉の減少、体力の低下など肉体的な衰えが始まるとされています。特に高齢者層に入ってくる年齢になるとその衰えは顕著になり、自覚できるようになります。しかし、何も対策しないでいては衰えていくばかりです。そこで今回は体力アップを図り、怪我や骨折をしない体を作る転倒予防の運動・トレーニングをご紹介します。

高齢者と筋トレや運動の必要性。効果的に筋力を高めて、いつまでも元気に過ごせる体を作っていこう

高齢者と筋トレ

「元気があれば何でもできる」とはまさにその通りで、心身ともに健康でなければ様々な支障をきたすことになります。こと高齢者にとっては病気や障害によって体の衰えが加速し、健康年齢の短縮、あるいは寝たきりにまで発展することが少なくありません。このような事態にならないために何をしなければいけないのか。その軸となるのが、筋トレや運動です。高齢者だけでなく、将来の高齢者である若い方々も耳を傾けていただければ幸いです。また、おじいちゃん、おばあちゃん、お父さん、お母さんにいつまでも元気でいてもらうために、ここで学んだことを教えていただければと思います。

筋トレによる冷え性の改善・解消法。足の指に血液を送り込む

冷え性対策の筋トレ

季節を問わず、冷え所に悩む方は多くいますが、なかなか改善できずにキンキンに冷えた手足と格闘することを余儀なくされている現状があります。そこで今回は冷え性を改善する方法として靴下を二枚重ねにするななどの外的な部分からではなく、我が身を使って行う内的対処法として筋トレによる改善策について実演を交えて解説していきます。ぜひ実践して、効果のほどを確かめてみて下さい。

アブローラーの実現を加速させ、反復回数を増やせるようになるための補助的トレーニングメニュー

アブローラー補助トレーニング

アブローラー・腹筋ローラー特有の動きに準じた筋トレを通じて、アブローラーが求める必要な筋群を強化していきます。アブローラーの実現を加速させ、効果的に反復回数を伸ばすことができますので、早くできるようになりたい人、もっと強靭な肉体を手に入れたい人は、ぜひ取り入れてみて下さい。

アブローラー・腹筋ローラーを実現するトレーニングのやり方を体力別に詳しく解説

アブローラートレーニング

非常に強度が高い腹筋トレーニングであり、体幹トレーニングでもある「アブローラー・腹筋ローラー」による筋トレ。普段運動していない方は、通常一回もできないことが常ですが、そのような方がスタートラインに立つにはどのようにトレーニングを進めていけばいいのか「比較的体力がある方向け」と「体力が低い方向け」に分けて解説します。

筋トレでダイエットはできるのか?考え方と導入トレーニングについて

筋トレダイエット

ダイエットと言えば食事制限や有酸素運動に意識がいきがちですが、確かな効果を得るには実は筋トレが効果的であるということを詳しく解説していきます。ダイエットに取り組まれている方でうまくダイエットが進まない、効果が出ないといった方、そしてこれからダイエットを行う方で健康的、効果的に体脂肪を蓄えず、燃焼を進めていくための道しるべになれば幸いです。

きついけど効果的!シックスパックトレーニング。ウエストを引き締め、腹筋を割る筋トレ方法

シックスパックトレーニング

腹筋トレーニングを続けているけど、なかなか引き締まってこない・・・、割れてこない・・・、シックスパックには程遠い・・・などと、やっているけど期待する効果が出てこないといったケースがよくあります。効果が出にくいのは、刺激を逃がしたり、力を抜いたり、しっかりと効かせられていないことが原因である場合が多くあります。そのような問題を解決すべく今回は、“効かせざるを得ない”クローズドキネティックチェーンを意識した腹筋トレーニングをご紹介します。

簡単・安全・効果的に握力を強く、アップさせる方法

握力を強くする方法

握力を鍛える方法にはいろいろありますが、今回は簡単であり、安全であり、かつ効果的な3拍子揃った「ぶら下がりに」よる握力の鍛え方法をご紹介します。その他、ダンベルを使った方法もご紹介していますので、ぶら下がりと組み合わせたり、体力合わせて使い分けることができます。

スポーツ別・体幹トレーニングのメニュー。野球(ピッチング)・ゴルフ(飛距離アップ)のパフォーマンスアップに効果的

野球・ゴルフの体幹トレーニング

野球とゴルフのスポーツパフォーマンスアップとして、これだけはやっておきたい効果的な体幹トレーニングを1種目ずつピックアップしました。野球ではピッチング動作、ゴルフではドライバーの精度と飛距離を伸ばすための体幹トレーニングをご紹介します。

【3種類】自宅でできる「腹筋+体幹」の鍛え方。短時間で効果的に強化、引き締める

腹筋・体幹の鍛え方

腹直筋に効果的な鍛えると同時に体幹強化にも役立つ3種類の腹筋トレーニングをご紹介します。まず最初の筋トレ種目「ニーアップ」を1分×1セットを目標に始めてみましょう。3セットできるようになったら「ブーメランヒップリフト」か「ダブルニーアップ」を加えて、さらに強く引き締まった腹筋・体幹を作り上げていきます。

腕立て伏せができない人のためのステップアップトレーニング。二の腕をシュッとしたい女性や体力アップの導入などにおすすめ

腕立て伏せステップアップトレーニング

腕立て伏せがボディメイクに効果的なことは分かっているけど、女性や体力が低い人にとっては、きつくてうまく反復できない・・・、筋トレが続かない・・・、といったことがよくあります。そこで、本講座では強度が低い方法から段階的に進めることで、腕立て伏せの効果を得ながらもボディメイクしていく方法をご紹介します。

筋力トレーニングによる高血圧の予防と改善

高血圧と筋トレ

高血圧が体に様々な悪影響を与えることは知られているところであります。では、高血圧になる前段階(正常~やや高い段階)における予防策として筋トレは有効なのか。あるいは高血圧と診断された場合、医師から運動療法の許可を得た場合に筋トレは有効なのか。高血圧の予防と改善に向けた取り組みを筋トレを中心にひも解いていきます。

筋トレで腰痛は改善できるのであろうか?腰が痛むメカニズムと改善策について

筋トレで腰痛改善

腰痛で悩んでいる方の中には、何かの拍子に時々痛みが出る場合から慢性的に痛みが続くことで日常に支障をきたすケースまであります。どのような状況にしても、どうにか改善でしたいと考えるわけですが、改善策の中でも筋トレは効果があるのであろうか?人体の構造、機能面から改善策を導きたいと思います。

腰をサポートして自宅で手軽に下腹を強化できる「レッグレイズ」のやり方と筋収縮のメカニズム

腰の負担を抑えたレッグレイズ

お腹の下を鍛える自重トレーニングは各種ありますが、レッグレイズのように道具や場所を選ばず自宅などで手軽にできる筋トレ種目はほとんどありません。多くの人が下腹対策や徹底した腹筋強化のために取り入れており、効果は折り紙つき。反面、腰に負担がかかる自重トレーニングの代表格でもあります。効果を引き出しながらも、どのようにして安全にトレーニングするのか、その方法について学びます。

自宅で腹筋を割る「クランチ」のやり方。腹直筋の緊張を持続させて鍛える効果的な方法

腹筋強化クランチ

腹筋トレーニングと言えば、「クランチ」と言われるほど最もポピュラーな種目の一つです。効果的なのは言わずもがな、自宅などでも手軽にできるため、日々の筋トレメニューとして、腹筋を割りたい・引き締めたい、スマートなお腹を作りたい等々、目的意識を持った多くの方々が取り入れています。ただ、ポイント抑え、正確な動作で行わなければ効果は半減してしまいます。本講座で効果を高めるためのクランチの方法を身に付けていきましょう。

自宅でできる!大胸筋下部を鍛える「ディップス」のやり方。ちょっと似ているリバースプッシュアップとの違いは?

ディップスの方法

ディップスは、大胸筋の下部を効率的に鍛えることができる筋トレ種目です。胸を全体的にバランス良く鍛える上で、ぜひ取り入れたい種目の一つです。正しい方法を習得して、引き締まったかっこいい胸を作っていきましょう。一見似ている「リバースプッシュアップ」との違いについても解説します。

【3種類】負荷・強度を高めた腕立て伏せのやり方。より強く・より細マッチョへ

腕立て伏せバリエーション

プッシュアップ、いわゆる腕立て伏せは、ポピュラーな筋トレ方法の一つです。しかしながら、もっと強くなりたい、細マッチョになりたい、筋肉を大きくしたいといった場合、オーソドックスな方法では負荷に限界がきて、伸び悩むことが少なくありません。そこで本編では限界を突破するための負荷・強度を高めた腕立て伏せのバリエーションをご紹介したいと思います。

スポーツ別・体幹トレーニングのメニュー。サッカー、テニス、バスケのパフォーマンスアップ・強い体作りに効果的

サッカー、テニス、バスケの体幹トレーニング

スポーツのパフォーマンスアップとして、今回はサッカー、テニス、バスケのこれだけはやっておきたい効果的な体幹トレーニングを厳選して各1種目ずつご紹介します。まずは自分がやっているスポーツのトレーニングをしっかりと取り組み、強い体を作っていきましょう。1分間連続で動作できるようになることからはじめ、慣れてきたら2セット、3セットと増やしていくようにしてみましょう。

大胸筋を強化する「プッシュアップ(腕立て伏せ)」の正しいやり方と間違ったやり方

プッシュアップ(腕立て伏せ)の方法

プッシュアップ(腕立て伏せ)は、目的に応じて大胸筋や上腕三頭筋(二の腕)を鍛えることができる最もポピュラーな筋トレ種目の一つです。手幅を変えるバリエーションによっては二の腕を重点的に強化できる非常に優れた自重トレーニングであります。正しいやり方と間違ったやり方を通じて、効果的で効率的に筋トレを進めていきましょう。

筋トレによる糖尿病の予防と改善。まずは1日1分からトレーニングを始めてみよう

筋トレによる糖尿病の予防・改善

950万人いるとされている糖尿病。予備軍を含めると2050万人いるとされています。糖尿病は様々な合併症を招くため、多くの人が深刻な悩みを抱えている現状があります。そこで今回は、糖尿病を筋トレで未然に防ぐことができないのか、改善できないか?運動プログラムの観点から解決策を考察したいと思います。

骨粗鬆症(こつそしょうしょう)は筋トレで改善できるのか?骨密度を高めて丈夫な体づくりを

筋トレで骨粗鬆症を改善

骨密度が低下することで、骨がもろくなって骨折しやすくなる疾患「骨粗鬆症」。主に老化や閉経を起因として現れ、50歳以降の女性の3人に1人が骨粗鬆症にかかっていると言われています(男性は女性の約3分の1)。若い方は、将来への自分への知識、そしてお父さんお母さんや祖父母の健康を守ってあげるためにも今回の講座から学びを得ていただければ幸いです。

おすすめプロテイン

ページの先頭へ